🇯🇵 | 5-8日での配送料、無料

Menu
メンズ カイマンシリーズ
ウィメンズ カイマンシリーズ
メンズ クラシックシリーズ
ウィメンズ クラシックシリーズ
ピアノ・ブラック コレクターズBOX

日本人男性がApple Watchのバンドにロングバドンのカイマンシリーズを愛用する7つの理由

グレッグ・キング

2021年になっても、日本のApple WatchユーザーがApple Watch用のお洒落で上品な本革バンドが欲しいと思っても、あまり選択肢がないのが現実です。安くて長持ちしない模造品であったり、何百ドルも出してAppleのパートナーバンドを買ったりしなければなりません。

しかしロングバドンが登場し、Apple Watchのバンド市場は劇的に変化しました。このブランドは、豪華でリーズナブルな価格の高品質なカイマンシリーズのApple Watch専用バンドです。

  1. 1

    このバンドは、Apple Watchをただの 手首に付ける機械から本物の高級時計に変えてしまいます。

    カイマンシリーズのApple Watchバンドはヨーロッパで製作されており、細部まで丁寧にデザインされていることがわかります。最新型のApple Watchシリーズ7を付けていても、旧型のApple Watchシリーズを付けていても、手首にぴったりとフィットするように、厚さや幅の数分の1インチ単位で設計され、デザインされています。

  2. 2

    すべてのバンドに、豪華で安全なDバックルが付いています。

    パテック・フィリップ、ジャガー・ルクルト、ロレックスなどの超高級腕時計に使用されているレザーバンドを見ると、安全性と高級さをだすために、通常のアルディロンバックルの代わりにDバックルを使用していることがわかります。カイマンシリーズのバンドにも、ロングバドンの象徴でもあるステンレススチール製のDバックルが付いています。

  3. 3

    どんな場面にでも対応できるよう、いくつかカラーのラインアップをご用意しました。たくさんあって決められない人へ 2つ購入すると1つ無料になります!

    Apple Watchの標準的なゴム製バンドの問題点は、快適でありエクササイズには持ってこいですが、それ以外の場面ではあまりフィットしないことです。色々なカラーとコレクションの中からどれを選ぶか迷ってしまうというあなたへ、3つ以上バンド購入していただくと、いずれかのバンドを無料でプレゼントします。

  4. 4

    超ソフトなスエードの裏地としなやかのパッドにより、とても快適な装着感を実現しています。

    ロングバドンのバンドは、内側の肌に触れる箇所に超ソフトな本革スエードのライニングが施されており、一日中快適な装着感が得られます。さらに、バンドを装着したときに手首に素早くフィットするよう、非常にしなやかなパッドを使用しています。

  5. 5

    厳選されたトップグレイン牛本革を使用。

    世の中のほとんどのApple Watchバンドは、PUレザー(ポリウレタン)またはシンプルに「本革」で作られていますが、これはほとんどの場合が安価で耐久性の低い、動物のスプリットハイドの下部分を使用しています。動物の皮の上層部はトップグレインやフルグレインと呼ばれ、実際の皮の表面に近く繊維の密度が高く、しっかりと「織り」合わされています。これにより、耐久性が格段に向上し、時間の経過とともに美しい艶が出てきます。カイマンシリーズのバンドには、安価で耐久性の低いスプリットレザーやボンデッドレザー、PU(フェイク)レザーではなく、トップ&フルグレインレザーが使用されています。

  6. 6

    時計業界で実際に経験を積んだ時計愛好家によって設立された会社です。

    ロングバドンは、時計にとても情熱的なフランス人兄弟によって設立されました。二人のうちの一人、ロビンは、自分が設立に関わった時計会社を売却したばかりで、新しいプロジェクトを模索していました。彼は、以前の時計ブランドでも仕事をしていたフォトグラファー/フィルムメーカーの弟セバスチャンを説得し、一緒にフレンチリビエラに向かってロングバドンを設立しました。

  7. 7

    本物の高級品を、 リーズナブルな価格で。

    本当の高価な買い物には、高品質な製品、スピーディな配送、最高のカスタマーサービス、そして細部への真剣な気遣いです。5日から8日の追跡可能な無料配送(香港からの発送)、豪華な梱包、そして卓越したカスタマーサービスなど、カイマンシリーズのバンドは、1ペア9,690円と、お買い得価格となっています。.

あなたのApple Watchをロングバドンの優雅なカイマンシリーズのレザーバンドで変身させてみませんか?